トップ お買い物の流れ お客様の声 店舗情報 お問い合わせ
カテゴリ
カレンダー
2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
過去の記事
うまさ引き出す 美味しいレシピ
冷蔵15,000円以上・冷凍15,000円以上お買い上げの方!全国送料無料
スタッフブログ
なんでも掲示板
株式会社 銀閣寺大西 会社概要
フードショップ エムジー
御肉処 銀閣寺 大にし
外商部プロセスセンター

スタッフブログ

2021年04月15日 | 豆知識★
ステーキイメージ


今回ご紹介するのは「美味しいステーキの焼き方」です。

まず初めに…
肉そのものの風味を堪能するには、やはりステーキがオススメ。

柔らかく、とろける味わい、脂の旨味をお好みであれば、サーロインステーキや、リブロースステーキをどうぞ。
肉本来の旨味、赤身がお好みであれば、ランプステーキ、ヒレステーキ、シャトーブリアンステーキをどうぞ。



それでは早速焼き方に参りましょう(^^)

----------------------------------------------------------

1)焼く前に肉を室温に戻しておきます
厚みのある肉は、冷蔵庫から出してすぐに焼くと、表面だけが急激に加熱されて、内部温度が上がらず表面だけ焦げてしまいます。焼く30分ほど前に温室に戻しておきましょう。

2
)筋や繊維を切っておくと、綺麗に焼けて、しかも柔らか…
赤身と脂肪の間にある筋に包丁で3~4ヵ所切れ目を入れます。焼く前に肉の筋や繊維を切っておくと、反り返りを防ぎ、美しく焼き上がります。

3
)塩・こしょうは焼く直前に!
前もって塩を振っておくと、浸透圧の作用で肉汁が出て、旨味成分も失われてしまいます。塩・こしょうは、焼く直前に振るのが鉄則。やや高めの位置から肉全体に塩を均一に振ると、焼むらが出ず美しい焼き上がりになります。

----------------------------------------------------------



この3つを実行するだけで、ご自宅でもお肉の旨味を引き出せますよ!


▼当店人気のステーキ一覧はこちら

https://www.onishi-g.co.jp/products/list.php?category_id=12








2021年04月09日 | 豆知識★
イメージ


今回はバーベキューと焼肉の違いについてご説明します。

 
 
改めて考えると、何が違うのか・・・・不思議ですよね?
実は明確な違いがあります。

 
先ずは簡単に違いをご説明します。



 
---------------------
 
・焼肉は焼きながら食べる
・バーベキューは焼き終えたのを盛り付けてから食べる
 
---------------------
 


 
「焼きながら」食べる
「焼き終えたのを盛り付けて」食べる・・・




具体的に説明しますね。


これは日本と欧米の文化の違いが背景にあると考えられています。

 
日本では「素材の味を大切にする」という思想があり、薄切りのお肉であれば「焼肉」のように軽く炙る程度の調理で食べるのはそのためなのです。同様に「すき焼き」や「お鍋」も調理しながら食べる日本的な食べ方で、この文化が下地にあるのが日本で「焼肉」が広まった要因として大きいかも知れません。


 
対して欧米などでは、分厚いステーキ肉を食べる文化が浸透しています。しっかりと焼く事に重きを置き、じっくり焼いたお肉や野菜を焼いた後にそれぞれのお皿に盛り付けて、料理として皆でテーブルを囲んで食べる・・・これが「バーベキュー」の基本的なスタイルとなっています。

 
 
我々がイメージするバーベキューは、屋外でお肉や野菜を焼きながら食べるスタイルですが、厳密にはそれは焼肉になります。調理をしながら食べる「焼肉」「すき焼き」「お鍋」は日本的な文化ということになります。

 
「焼肉」「バーベキュー」の違いお分かりになったでしょうか。


ちょっとした豆知識として頭の片隅においていてください。(^^













 
2021年03月02日 | 豆知識★
タイトル



モモ・バラ・ロースの違いって・・・?

 

焼肉・ステーキ・すき焼きなどで「モモ・バラ・ロース」の部位名が記載されていますが、実はよく分かっていない・・・という方も多いのではないでしょうか?


今回は簡単にご説明しますので、是非お買い物のご参考にしてください!
 

 
【モモ】
モモとは、その名の通り牛の足の付け根の部分です。モモはよく動かす部分の為、脂肪が少ない赤身肉となっております。最近はヘルシー志向の高まりで女性やご年配の方に人気です。脂が少なく赤身が多いの味が濃く、肉本来の味わい(旨味)が楽しめます。

 
【バラ】
バラは、牛のお腹の部分です。「カルビ」と呼んでいるのは実はこのバラ肉のことなんですよ。お腹は運動量が少ないのでサシ(脂身)が多くなります。濃厚な霜降りが特徴です。
 

【ロース】
ロースは、牛の肩から腰にかけての背肉の部分です。程よい運動量なので赤身とサシのバランスが良い部位です。風味が良く、きめ細かい肉質に加えて、程よい食感と濃厚な味が人気です。



説明



「モモ・バラ・ロース」を簡単にまとめると


・モモ → 
太もも  運動量が多い(赤身が多い)  少し食感はあるものの、肉の旨味が詰まった部位。サシが少なくあっさりとお召し上がり頂ける部位です。

・バラ 
お腹  動量が少ない(サシが多い )→ 脂が多く含まれますが、肉特有の持つ旨味とガツンとくる食感を持ち合わせた部位です。

・ロース → 
背肉  程よい運動量(赤身とサシが丁度よい) → きめ細かい肉質と柔らかさが特徴的。お口の中で甘い脂が溶けだします。
 

といった違いになります。
「モモ・バラ・ロース」の盛り合わせは赤身からサシまで楽しめますので、万人向けです。お肉を買う時に迷ったらこの3種の盛り合わせをお選びください。


当社がご用意している
「モモ・バラ・ロース」盛り合わせ一覧はこちらです!












2021年02月15日 | 豆知識★
焼肉イメージ


今回はお客様からよくあるお問い合わせ
「焼肉用の1人前のお肉ってどれ位?」にお答えします。


確かに100gとか500gとかどれ位の量かわからないですよね?


そこで比較してみました!




焼肉比較



上から順に、
焼肉用100g、300g、500gです!




当店では、
●100g・・・1人前

300g・・・1~2人前
500g・・・
2~3人前
としております!




一般的に1人前が100g~150gとされていまが、
お肉の盤の大きさによって若干枚数は異なりますので、
上記をご参照くださいませ!



「野菜じゃなくてお肉だけを食べたいっ!」という方には
少し物足りないかもしれません。

野菜やご飯も一緒に楽しみたい方向けの量となっておりますので
ご参考までにどうぞ(^^)



▼当社が厳選して仕入れたA5、A4ランクの焼肉の一覧はこちら
https://www.onishi-g.co.jp/products/list.php?category_id=11




▼すき焼き用1人前の目安はこちら
http://www.onishi-g.co.jp/abouts/blog.php?blog_id=339







2021年02月06日 | 豆知識★
「すき焼き用のお肉の1人前ってどれ位?」

確かにお肉を購入する時に、
100gとか500gとかイメージではどれ位の量かわからないですよね?


そこで比較してみました!





上から順に、
すき焼き用「100g」「300g」「500g」 です!


見た目だけではわからないと思いますが…


当店のすき焼き用は、1枚の大きさがとっても大きいんです。
20代後半の男性の手の平と比べてみるとわかりやすいでしょうか?





こ~んなに大きい1枚でご用意しております!
※撮影用に業務手袋を外しています。



当店では、
100g … 1人前
300g … 1~2人前
500g … 2~3人前

としております。


一般的に1人前が100g~150gとされている為、
他に、野菜・〆のうどん・ごはん等も想定した上での量設定です。



購入される際のご参考にしてください。

すき焼き用お肉の一覧はこちら
https://www.onishi-g.co.jp/products/list.php?category_id=9













<<前のページ 1 2 3 4 次のページ>>