トップ お買い物の流れ お客様の声 店舗情報 お問い合わせ
カテゴリ
カレンダー
2020年9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新の記事
過去の記事
うまさ引き出す 美味しいレシピ
冷蔵15,000円以上・冷凍15,000円以上お買い上げの方!全国送料無料
スタッフブログ
なんでも掲示板
株式会社 銀閣寺大西 会社概要
フードショップ エムジー
御肉処 銀閣寺 大にし
外商部プロセスセンター

スタッフブログ

2020年09月04日 | 豆知識★
タイトル



モモ・バラ・ロースの違いって・・・?

 

焼肉・ステーキ・すき焼きなどで「モモ・バラ・ロース」の部位名が記載されていますが、実はよく分かっていない・・・という方も多いのではないでしょうか?


今回は簡単にご説明しますので、是非お買い物のご参考にしてください!
 

 
【モモ】
モモとは、その名の通り牛の足の付け根の部分です。モモはよく動かす部分の為、脂肪が少ない赤身肉となっております。最近はヘルシー志向の高まりで女性やご年配の方に人気です。脂が少なく赤身が多いの味が濃く、肉本来の味わい(旨味)が楽しめます。

 
【バラ】
バラは、牛のお腹の部分です。「カルビ」と呼んでいるのは実はこのバラ肉のことなんですよ。お腹は運動量が少ないのでサシ(脂身)が多くなります。濃厚な霜降りが特徴です。
 

【ロース】
ロースは、牛の肩から腰にかけての背肉の部分です。程よい運動量なので赤身とサシのバランスが良い部位です。風味が良く、きめ細かい肉質に加えて、程よい食感と濃厚な味が人気です。



説明



「モモ・バラ・ロース」を簡単にまとめると


・モモ → 
太もも  運動量が多い(赤身が多い)  少し食感はあるものの、肉の旨味が詰まった部位。サシが少なくあっさりとお召し上がり頂ける部位です。

・バラ 
お腹  動量が少ない(サシが多い )→ 脂が多く含まれますが、肉特有の持つ旨味とガツンとくる食感を持ち合わせた部位です。

・ロース → 
背肉  程よい運動量(赤身とサシが丁度よい) → きめ細かい肉質と柔らかさが特徴的。お口の中で甘い脂が溶けだします。
 

といった違いになります。
「モモ・バラ・ロース」の盛り合わせは赤身からサシまで楽しめますので、万人向けです。お肉を買う時に迷ったらこの3種の盛り合わせをお選びください。


当社がご用意している
「モモ・バラ・ロース」盛り合わせ一覧はこちらです!












2020年06月13日 | 豆知識★




定期的に摂りたい栄養素がたっぷり詰まったお肉は…?

 
「最近疲れが取れない…」
「なんだかぐっすり眠れない…」
「お酒を飲みたいけど、たまには肝臓を休めたい…」
 
 
どれか一つでも当てはまったら・・・「豚バラ肉」がおすすめです!
脂が多く、不健康そうなイメージの豚バラですが、実は大事な栄養素がた~っぷり!
 



▼豚バラの主な栄養素は
【たんぱく質
たんぱく質は、身体そのものの筋肉や血液等を作るので、生きていくうえでかかせない栄養素。育ち盛りのお子様や、働き盛りの旦那様には積極的に取り入れたいですね!

 
ビタミンB1
炭水化物の代謝を促す酵素の働きを促進しています。炭水化物を摂り過ぎたと感じたら、是非一緒に摂取したい栄養素です。疲れがとれないと感じたら、ビタミンB1不足かも!
  
ビタミンB6
皮膚や粘膜の機能をサポートする働きがあります。また、精神的安定や安眠を助けるセロトニンという脳内物質の分泌を促します!



 
こんなに大切な栄養素がたっぷり詰まった豚バラ肉。日々の生活の中で積極的に採り入れたいですね(*^-^*)

 
銀閣寺大西では、お手軽に食べる事のできる豚バラ商品がいっぱい。効率よく手軽に摂取して、健康で美味しい食生活を!

 
 

温めるだけの簡単調理。あと一品のおかずにも、酒の肴にもおすすめ
国産豚バラ角煮 798円(税込)



ひとつひとつ丁寧にバーナーで炙った香ばしい豚肉の蒲焼です。
国産豚肉の炙り蒲焼 798円(税込)


▼鹿児島県産 佐多岬豚使用。野菜と一緒に食べるヘルシー焼肉。
サムギョプサルセット 5,832円(税込)
















 

2020年06月05日 | 豆知識★
イメージ


牛すじって、一体どこの部分かご存知ですか?

牛すじ煮込みや、牛すじカレー等、煮込み料理によく使われていますが、ほとんどが、牛のアキレス腱部分だったり、足のスネや首部分の硬い部分です。


ご家庭で、圧力鍋を使って調理される方も多いと思いますが、臭みもあるし、長時間煮込まないと柔らかくならないので、下処理だけでも手間暇かかりますよね。


当店で牛すじを下処理する時は大きな大きなお鍋で長時間じっくりじっくり煮込み、灰汁を丁寧に取り除いて、臭み無く、柔らかいとろとろ食感に仕上げています。


でも、丁寧にした処理した牛すじはと~っても美味しいですよね! 実は、牛すじは「旨味たっぷり!料理にコクを与えてくれる部位」なんです!
 

おでんやカレー等も、煮込むと牛すじの旨味たっぷり!とっても味わい深くなります。

更に嬉しいのが、牛すじは実はとっても低カロリーだという事!!ロースやカルビのお肉の約1/3程のカロリーなんです!


更にさらに!

あのとろとろの白い部分の正体は、女性に嬉しい「コラーゲン」なんです!高タンパク質、低カロリー、低糖質の為、実はダイエットにも最適。

そんな旨味たっぷり!コクが深く低カロリー!栄養満点の牛すじを使った
な「銀の牛すじカレー」。
発売以来、大変好評頂いております(*^-^*)


是非ご賞味ください!



▼大好評の新商品
銀の牛すじカレーはこちら

































2020年05月22日 | 豆知識★
イメージ


牛肉の霜降りとは赤身肉の中に細かな脂肪が散らばっているもののことをいいます。

 
霜降り肉を加熱すると融点の低い脂が溶けて旨みとコクを出し、その部分が柔らかくなります。口に入れた瞬間に肉の繊維がほどけるような食感になり「柔らか~い」と唸ってしまうのです。。。
 

細かい霜降りが散らばっていると見た目の美しさと、霜降りが一つ一つ溶けて旨みと柔らかさを感じるので「美しくて美味しい=高級」というイメージになっています。
 

霜降りの代表部位はやはりサーロインで、お肉の王様と言われる所以のひとつがこの霜降りの入り具合になります。

A5の霜降り肉は美味しさだけでなく、サシがいかに美しく入り、肉の色が綺麗かなども評価されます。


当社でも霜降りの美しいサーロインをご用意しています。
美味しい霜降り肉をご堪能ください(^^)


→サーロインの一覧はこちら
















 
2019年11月17日 | 豆知識★



今回はローストビーフの美味しい食べ方のご紹介です。

銀閣寺大西自慢の黒毛和牛ローストビーフは、まずはそのままのお味をお楽しみください。

塩・コショウ・にんにくのみで味付けしたローストビーフはお肉本来の旨味を存分に引き出している為、そのままで十分美味しくお召し上がり頂けます。




で す が




更に美味しくするポイントがあります!







【必ず、常温に戻してからお召し上がりください


ローストビーフは冷たいまま食べる・・・と思っている方が多いと思います。しかし、実は切った直後よりも常温に戻してからの方が、程良く脂がとけて一層柔らかく、美味しくお召し上がり頂けます。お皿だけを電子レンジ等で少し温めて、その上に切ったローストビーフを置いておくと程良く脂が溶けますよ(^^)






ここからは、ちょこっとアレンジレシピをご紹介!




オリジナルソースときざみにわさび

▼オリジナルソースときざみわさび
付属の「オリジナルソース」と「きざみわさび」は、
更にお肉の旨味を引き立たせてくれます。
わさびはツンとした辛さは控えめで、シャキシャキとした歯ごたえと
程良い辛さがローストビーフとの相性抜群です!






ローストビーフ寿司

▼ローストビーフ寿司
一口サイズの酢飯をローストビーフで包んで、
少量の岩塩ときざみわさびを乗せ、お好みで白髪ねぎを添えてください。
見た目もオシャレな、ローストビーフの手毬寿司に。







シーザーサラダ

▼ローストビーフのシーザーサラダ
お好きな野菜とローストビーフで、贅沢サラダの出来上がり。
シーザードレッシングとオリジナルソースの愛称も抜群ですので
お好みでどうぞ!







ボリューム丼

▼ローストビーフのボリューム丼
ローストビーフと野菜(オニオンスライスとアボカドがオススメです!)を
ご飯の上に乗せて、オリジナルソースをかけるだけのお手軽丼ぶり。

野菜をたっぷり入れれば、女性にも喜ばれる一品です。






ベーグルサンド

▼ローストビーフのベーグルサンド
プレーンベーグルを半分にカットし、レタス等と一緒に
ローストビーフを挟んで、オリジナルソースと
お好みでマヨネーズやホースラディッシュをつければ
豪華な朝ご飯に(^^)



是非是非、色々な食べ方でお楽しみください!




ローストビーフの商品ページはこちら

--------------------------------------------------------
▼【いちぼ】濃厚で柔らかく、とろけるような霜降りがお好みの方に。
 
▼【もも】一般的な赤身肉の旨味が人気!
 
▼【らんぷ】お肉の旨味が特に強い部位。
--------------------------------------------------------










 
<<前のページ 1 2 3 4 次のページ>>