トップ お買い物の流れ お客様の声 店舗情報 お問い合わせ
カテゴリ
カレンダー
2021年9月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
過去の記事
うまさ引き出す 美味しいレシピ
冷蔵15,000円以上・冷凍15,000円以上お買い上げの方!全国送料無料
スタッフブログ
なんでも掲示板
株式会社 銀閣寺大西 会社概要
フードショップ エムジー
御肉処 銀閣寺 大にし
外商部プロセスセンター

スタッフブログ

2021年06月21日 | 豆知識★
タイトル



今回ご紹介するのは「焼肉の美味しい焼き方」です。厳密には部位によって焼き方は変わりますが、ご自宅で楽しく、そして美味しく食べるための基本的な焼き方となります。
 
 
それでは早速焼き方に参りましょう(^^)





----------------------------------------------------------
   
1)焼く前に、鉄板またはプレートを十分に温めておく!   
   
充分に温まっていない状態で焼いてしまうと、お肉の旨味が肉汁と一緒に流れてしまい、更にお肉が硬くなってしまいます。 だからと言って、厚すぎても焦がしてしまったりするので要注意。  
   
目安は150度~200度です。 水滴を垂らした時に、鉄板の上でジュッと蒸発する程度が温まっている証拠です♪   
   

   
2)旨味がギュッと詰まった肉汁を逃さないで!   
   
旨味が詰まったサシは、焼いていると肉汁となります。ほどよく肉汁を流すのは良いのですが、落とし過ぎるとジューシー感も旨味も逃がしてしまうので要注意。   
   
肉汁を逃がさないためには、焼いている時に出来るだけ肉に触らない事がポイントです!   
 
  
お肉に触るのは、 
  
・お肉を鉄板もしくは、プレートに置くとき   
・お肉をひっくりかえす時   
・肉を食べるとき   

この3回だけです。ついつい触りたくなりますが、じっとガマンしてくださいね。




イメージ1


 
ひっくり返すタイミングが一番難しいのですが、プレート上にお肉をのせてから、約15~30秒したらお肉をひっくり返しましょう!  
 
 
焼いていない側の表面に、肉汁が浮かび上がりそうなところでひっくり返すのがコツです!   ひっくり返す時は、プレートの上で軽く引きずるようにしてひっくり返すと、お肉と脂が程良くなじんで舌触りが優しくなります。   
   
ひっくり返したら30~50秒ほど焼いて、かるく焦げ目がついたころが食べ頃です。

 
アツアツのご飯の上に肉汁をこぼさないようにそっとのせたら、パクッとお召し上がりください!
 
 
サシのとろけるような柔らかさと、和牛の濃厚な旨味が口いっぱいに広がります。 是非、ご家庭などで焼肉・BBQをされる際はお試しくださいませ!




▼当店人気の焼肉一覧はこちら
https://www.onishi-g.co.jp/products/list.php?category_id=11



















 
<<前のページ 1 2 3 4 次のページ>>