トップ お買い物の流れ お客様の声 店舗情報 お問い合わせ
カテゴリ
カレンダー
2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
過去の記事
うまさ引き出す 美味しいレシピ
冷蔵10,000円以上・冷凍10,000円以上お買い上げの方!全国送料無料
スタッフブログ
なんでも掲示板
株式会社 銀閣寺大西 会社概要
フードショップ エムジー
御肉処 銀閣寺 大にし
外商部プロセスセンター

スタッフブログ

2016年01月30日 | 豆知識★
目利きの達人
※セリの様子。(大西社長自らの目で確かめた牛肉を1頭買い!)


お肉の格付けで、最高ランクであるA5ランクってよく聞くけど、どういう意味?
と思われる方も少なくないのではないでしょうか?

本日は、お肉の格付けについてわかりやすく解説いたします。

日本の牛肉はほぼ全て公益社団法人 日本食肉格付協会によって
格付けが行われています。

牛は、食肉市場へ出荷された後、
「歩留等級」「肉質等級」によって格付けされます。

「歩留等級」(ぶどまりとうきゅう)…お肉がたくさん取れる割合
A…標準より優れているもの
B…標準
C…標準より劣るもの


「肉質等級」…霜降り度合い・シマリ・きめ・色沢と質
5…かなり優れているもの
4…やや優れているもの
3…標準
2…標準に準ずるもの
1…劣るもの



「肉質等級」は「霜降り度合い」「シマリ」「きめ」「色択・質」の4項目を
それぞれ5段階で評価し最も低い等級に格付けされます。

<例>
・霜降り度合い・・・5
・シマリ
・・・・・・3
・き め
・・・・・・5
・色 択
・・・・・・5

上記の場合は、「5」の評価が多くても「肉質等級=3」となります。


このように「歩留等級」と「肉質等級」を組み合わせて審査され、
牛肉の格付が決定されます。


A5等級が評価される割合は、統計上の割合でも約15%!
全国の主要な銘柄牛(近江牛・松阪牛等)の中でも稀少となっています。

その中でも、京都の格付けは、「審査が厳しい」とされております!
▼詳細はこちら
http://www.onishi-g.co.jp/abouts/blog.php?blog_id=336



▼当社で取り扱っているA5等級の商品一覧はこちら
https://bit.ly/2Q2YeB1














<<前のページ 1 2 3 4 次のページ>>