トップ お買い物の流れ お客様の声 店舗情報 お問い合わせ
うまさ引き出す 美味しいレシピ
冷蔵10,000円以上・冷凍10,000円以上お買い上げの方!全国送料無料
スタッフブログ
なんでも掲示板
株式会社 銀閣寺大西 会社概要
フードショップ エムジー
御肉処 銀閣寺 大にし
外商部プロセスセンター

幻の和牛「村沢牛」とは

村沢牛
村沢牛

極上の美味と年間約八十頭という
出荷数の少なさから
「幻の和牛」と絶賛されている「村沢牛」。
美味の血統を選りすぐり、
時間を惜しまず心血注いで育てられる
稀少な超高級和牛。
その極上の味わいは、
味にこだわる人々を感服させ、
知る人ぞ知る「幻」の絶品と讃えられています。
極みの美味を、京都から限定販売。
幻の和牛「村沢牛」は、長野・村沢牧場の
こだわりの飼育方法と、
豊かな大自然のもとで生まれます。

村沢牛を購入
通常平均よりも長い肥育日数
其の一

幻の和牛、「村沢牛」は、長野・村沢牧場のこだわりの肥育方法と、
豊かな環境のもとで生まれます。
血統を三代先までさかのぼって調べ、極上の雌のみが、
厳しく吟味され買い求められます。
また、通常平均肥育が19ケ月から20ケ月なのに対して
「村沢牛」の肥育は実に22ヶ月から24ヶ月もの時間をかけています。
日々、一頭一頭の体調にきめ細やかに気を配りながら
じっくり丹念に肥育されているのです。
幻の和牛「村沢牛」は、澄んだ空と大自然からの贈り物です。

村沢牛

落ち着いた表情

村沢牛

写真 左:村澤勲氏・右:村澤淳平氏

二十四時間体制で育て上げる
愛情たっぷりの肥育
其の二

村沢牧場の1日は早朝6時からの見廻りから始まります。
この時、適度の粗飼料を与え、その後、濃厚飼料を食べさせます。
昼間は牛舎や水槽の清掃、敷料の交換などをして、
夕刻6時頃で一区切りとなりますが、
以降も夜間の見廻りを欠かさず行います。
牛は1日数時間ほどしか眠らず、常に食べたものを反芻しており、
昼夜を問わず見守り続けることが大切だからです。
また、牛舎の清潔さにこだわるのは、健康状態を最高に保ち、
健全な肥育の妨げになるストレスを取り除くためです。
牧場はそれなりに臭いがするものだと思いがちですが、
村沢牧場は無臭に近いといっても過言ではありません。
「村沢牛」の肥育期間は他よりも少し長く、22~24ヶ月(肥育月齢)です。
ただし、出荷に備え水分を適度に抜き、個々の肉質が最上の状態になる
見極めが最優先されます。

村沢牛

リラックスしている様子

村沢牛

一頭ずつ我が子のように接している

一頭一頭に適したエサの配合
其の三

粗飼料とは牛が本来食する牧草や野草を中心にしたエサのことで、
濃厚飼料とは効率よく体重を増加させるために高カロリーの穀物などを
主にしたエサです。
「村沢牛」の場合、粗飼料を1日5~6回、濃厚飼料は朝夕2回与えています。
牛は草食動物であり、胃を活発に動かせるために牧草や野草を
何回にも分けて食べさせ、消化・循環を促すのです。
1回当りの粗飼料の分量は少な目にしています。
その方が食欲の促進に役立つからです。
与えるエサの分量も画一ではなく、毎日一頭一頭の様子を細やかに見守り、
個々に加減します。「特に食欲がないと判断した場合は、
喰い止まりを防ぐためにエサを与えないこともあります。
また、雨天の日は食欲が減退しますので、全体的に分量を減らします」と、
2代目村澤淳平さんは語ります。

村沢牛

牧草や野草を中心とした粗飼料

村沢牛

高カロリーの穀物等を主とした濃厚飼料

とことん厳選し
理想の「村沢牛」へ
其の四

仔牛は鹿児島と宮城の繁殖農家から厳選したものを購入しています。
3代前まで血統を調べ、骨格や筋肉、性質など全てにわたって
細やかに確認します。
理想の「村沢牛」を肥育するための根幹となる非常に重要なポイントです。
入手するのは雌牛のみで、140頭前後です。
雌牛は雄牛に比べて頭数が少なく、育てる手間もかかりますが、
肉質が優れているからです。

村沢牛

血統や骨格、筋肉など細かく調べ尽くした雌牛

村沢牛

常に清潔に保たれた牛舎

村沢牛を購入
「村沢牛」受賞
「村沢牛」受賞

選りすぐった雌牛を手塩にかけて肥育した「村沢牛」は、これまで全国の品評会で毎年「最優秀賞」を受賞するなど業界の中でも「超高品質」との定評を確立してきました。また、全国の高級和牛の大半が産地名で呼ばれているのに対して、「村沢牛」は生産者の名前がそのままブランド名になった珍しい例です。それは、生産者の飼育技術が際立つ評価を得ている証でもあります。

「村沢牛」誕生秘話
「村沢牛」誕生秘話

「この絶品との出会いは1993年頃、20年以上もの歳月を遡ります」と、大西社長は語ります。当時は、まだ食品の生産履歴を明確化させるトレーサビリティ・システム(流通経路情報把握システム)の導入が社会的に注視されていない状況でした。しかし、銀閣寺大西では時代に先駆けてお客様に「食の安心」をお届けするためには、どのようにすれば良いかを熟考しており、「生産者の顔が分かり、お客様のお手元に届くまでの流通経路が的確に把握できること」が最善の施策であるという結論に到りました。その時、年間約1万頭を目利きする大西社長が「これは!」と着目し、見出したのが当時個人で食肉市場に出荷されていた長野県村沢牧場の黒毛和牛です。すでに市場でも高い評価を得ていた隠れた逸品でした。改めて、見た目の美しさ、卓越した品質、抜群の美味しさに感服し、早速訪れた牧場でも、感嘆するほど清潔な環境の中で手間暇を惜しまず我が子のように愛情を注ぎ、一頭一頭丹念に肥育されている姿を目の当たりにし、何としても産地名ではなく生産者の名前をつけたブランドとして育てていきたいと懇願して誕生したのが現在の「村沢牛」です。

「村沢牛」誕生秘話

超高級和牛として揺るぎない評価を得ている「村沢牛」ですが、ブランド存続の危機に陥った時もありました。14年ほど前に初代である村澤勲さんが病に倒れたのです。当時、ご子息の淳平さんは地元の郵便局に勤務しており、勲さんも村沢牧場を継がせる意志はありませんでした。是か非でも「村沢牛」を絶やしたくなかった大西社長は牧場に駆け付け、「仮に一時的に品質が落ちたとしても、当社が全責任を持って全てを買い取るので何とか続けて欲しい」と懇願しました。「牧場に泊まり込んで村沢牛にかける熱い思いを懇々と語られ、しっかりと考えて返事をくれと説得されました」と、淳平さんは当時をふり返ります。この圧倒的な熱意にほだされた淳平さんは継承を決意し、肥育に打ち込みます。

「村沢牛」誕生秘話

しかし、存続の危機は免れたものの、長年愛情こもった肥育をし続けてきた初代のような「村沢牛」を生み出すには長く、大変な道のりが必要でした。初代が出荷する「村沢牛」は、B.M.S(牛脂肪交雑基準:霜降り等級)8以上のA5等級が85%以上を占めていましたが、淳平さんが新たに手掛けた「村沢牛」は暫く初代のような個体には届かない日々が続きます。「当初は父親から受け継いだエサで肥育していました。でも、仕入れる仔牛は一頭一頭異なるので、これに即応しなければなりません。始めの数年は試行錯誤の繰り返しで、苦心惨憺の日々でした」。ようやく3年後に目指す「村沢牛」を肥育できた時は「大西社長と抱き合い感涙に咽びました」と、その深い感慨を語ります。

御肉処銀閣寺大にし
御肉処銀閣寺大にし

銀閣寺大西では京都にお越しになった際にぜひ食していただきたいと京都御所から少し南へ下がった寺町通りにある風情に満ちた佇まいの京町家に直営店舗「御肉処 銀閣寺大にし」をプロデュースしております。

幻の絶品「村沢牛」

村沢牛は、美味の血統を選りすぐり、時間を惜しまず心を注いで育てられる希少な超高級和牛。その極上の味わいは味にこだわる人々を感服させ、知る人ぞ知る「幻」の絶品として讃えられています。
その村沢牛を安全かつ安心してお召し上がりいただけるために、ISO9001・2015HACCP認証の自社センターでカットし、専門知識と経験豊富なスタッフにより加工されたお肉を皆様にお届けしております。

村沢牛を購入

丹精込めて
育てた「村沢牛」
最高の状態で
お客様のもとへ

「サシ(霜降り)が入っていてもくどく感じず、次々に自然に手が出る極上の美味」を提供し続けたい。それが、村沢牛の肥育に心血を注ぐ私の思いです。これからは目が行き届く可能な範囲で増頭もしたいと考えています。
恵まれた大自然の中で育てている「村沢牛」は私の誇りです。際立つ品質管理を誇り、超高品質の保持に全力を傾注する大西社長に出会い、「村沢牛」を最高の状態でお客様にご提供していただけると確信しました。
丹精を込めて育てた「村沢牛」の素晴らしさを皆様にお届けできることを心から嬉しく思っています。
これからも初代の心を受け継ぎ、揺るぎない評価を保ち、さらに高めるために、「村沢牛」の肥育に精魂を注いでいきます。

村沢牛を購入