トップ お買い物の流れ お客様の声 店舗情報 お問い合わせ
カテゴリ
カレンダー
2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
過去の記事
2022年6月
2022年5月
2022年4月
2022年3月
2022年2月
2022年1月
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
うまさ引き出す 美味しいレシピ
冷蔵15,000円以上・冷凍15,000円以上お買い上げの方!全国送料無料
スタッフブログ
なんでも掲示板
株式会社 銀閣寺大西 会社概要
フードショップ エムジー
御肉処 銀閣寺 大にし
外商部プロセスセンター

スタッフブログ

2016年02月22日 | 通販担当 てらっちょより


こんにちは!
銀閣寺大西通販担当のてらっちょです!

先日、大西社長のご自宅にて、
「牡丹鍋」を振舞って頂きました!

普段、牛肉・豚肉・鶏肉は良く食べていますが、
「猪肉は初めて!」という社員が多く、みんな大興奮♪
肉職女子な私(左:2番目)と、人事課掛橋さん(左:手前)も
食べる前からドキドキワクワク!

猪肉を食べた感想はと言うと…

「めちゃくちゃ美味しい!」

猪肉って、「獣臭がする…」とか、「クセが強い…」とか
そういった印象があるかもしれないのですが、
きちんと下処理されていれば、そんなことはないようです!

味は豚肉のようで、臭みも全くなく、とっても美味しいんです!

でも、一番驚いたのは、見た目はお肉の半分が脂のようだったので
しつこいかな…と思いきや、脂身はあっさりしており、
全くしつこくないのです!

となると、お箸が止まらない私と掛橋さん!
最初から最後までずーっと食べていました。笑
幸せ~(*´_●`)ノ(*´_○`)ノ(*´_●`)ノ

滅多に食べる事ができないので、
とっても貴重な体験をさせていただきました♪

社長、あけみさんごちそうさまでした(*^_^*)

2016年02月18日 | 通販担当 てらっちょより


こんにちは!
銀閣寺大西通販担当のてらっちょです♪

本日は、京都のブランド牛「京都肉」(きょうとにく)について
ご紹介いたします!

当店で取り扱っている京都肉は
京都丹波牧場で育った牛肉を販売しております!



こちらは生産者の平井和恵さんです♪
愛情たっぷりに育てられているので、牛さんもとても穏やかですよね♪

と、ここで「京都肉」の定義をご紹介いたします!

其の一、 黒毛和種であること
其の二、 飼養期間のうち、最も長い飼養地が京都府内であること
其の三、 京都市中央卸売市場第二市場でと畜解体されていること
其の四、 日本食肉格付協会による枝肉格付「A-5、B-5及びA-4、B-4規格」のもの。

となっております!

「京都」というと、おばんざいや豆腐・懐石など精進料理の
イメージがありますが、実は、すき焼の発祥地でもあります。

古くから牛肉文化」が根付いており、
牛肉好きな多くの食通・京都人が磨き上げたブランド牛、
それが「京都肉」なのです。


また、2015年2月、京都府はブランド牛として
「KYOTO BEEF 雅」を海外へ初輸出しました。

当社は、その「京都産和牛の輸出第一号の企業」となります。

当社で販売している「京都肉」は、「KYOTO BEEF 雅」と同等のお肉となり、
世界の食卓へ届けられる本物の京都の味をお楽しみいただけます。
 
2016年02月17日 | 豆知識★



今回は上手なお肉の揚げ方について」ご説明します。
ポイントは2点!


1)衣つけは揚げる直前に手ぎわよく
衣をつけてから時間が経つと、肉の水分が衣に移って水っぽくなります。
衣つけは揚げる直前に手早く!


2)肉をたたいてやわらかな食感に
厚みのある部位を使うときは、肉たたきで肉を均一の薄さにのばすと、火の通りもよく食感もやわらかくなります。また赤身と脂肪の間の筋を数か所切ってから揚げると、仕上がりがきれいになります。


是非お試しくださいませ!



2016年02月09日 | 豆知識★
ステーキイメージ


皆様からのご質問で多いのが
「ヒレステーキ」と「シャトーブリアン」の違いって何?



お肉の中でも、赤身で人気なのが「ヒレステーキ」

1頭の牛からほんのわずか(3%)しかとれず、サーロイン、ロースと並ぶ高級部位です。とてもやわらかく脂肪が少ない上品な味で女性やご年配の方にも人気です!


そして、知る人ぞ知る、「シャトーブリアン」とは
元々一頭の牛から少ししか取ることができないヒレの中心部に位置し、もっとも柔らかい稀少部位になります


味だけでなく、見た目の美しさはヒレよりも増していると言える「シャトーブリアン」
こちらの写真をご覧ください。



部位比較


上が「ヒレステーキ」
下が「シャトーブリアン」です。



比べてみると、霜降りが入りやすいのがわかりますよね。
ではこちらをご覧ください。



シャトーブリアン比較


一見、左が「シャトーブリアン」、右が「ヒレ」のように見えますが、
実はどちらもシャトーブリアンなのです。

人間の顔が1人1人違うように、牛肉にも個体差というものはつきものなので、多少の差は出てしまいます。


「シャトーブリアン」「ヒレ」との違いとなりますと
--------------------------------------------------------------------
・柔らかさはほぼ同じだが、
「シャトーブリアン」の方が柔らかい
・見た目の綺麗さが
「シャトーブリアン」の方が綺麗
「ヒレ」は赤身が強く、「シャトーブリアン」には霜降りが入りやすい
--------------------------------------------------------------------
というところが特徴となりますので、
ご年配の方や脂が苦手な方には、ヒレステーキをオススメ致します。


しかしながら、やはりオススメしたいのは「シャトーブリアン」の美味しさ!
上の写真のように、シャトーブリアンの中でも赤身が多いところと
ご希望くだされば、対応致しますので、是非ご要望をお伝えくださいませ。



▼A5特撰 国産黒毛和牛「シャトーブリアン」ステーキ(120g)【4,860円】
 
▼A5特撰 国産黒毛和牛「ヒレ」ステーキ(120g)【3,240円】
 
 





2016年02月05日 | 通販担当 てらっちょより


こんにちは!
銀閣寺大西通販担当のてらっちょです!

銀閣寺大西店頭・通販でも販売中の、
「和牛角切り カレー・シチュー用」を使って、
ビーフカレーを作ってみました♪

■和牛角切り  カレー・シチュー用 3~4人前 (300g) 
http://www.onishi-g.co.jp/products/detail.php?product_id=327

元々は、1つ1つのお肉が…



こ~んなに大きいので、
今回は一口サイズにカットしてから使用しました♪

お肉の旨味を閉じ込める為に、表面はしっかり焼いてから
煮込みましたよ~(*´_●`)ノ(*´_○`)ノ(*´_●`)ノ

脂がスープにとけこんで、ルーもいつもよりおいしいっ!
お肉は…
赤身は肉の弾力があり、「お肉食べてる~っ!」という実感が!
ロースは、「柔らかくてとろける~っ!」
バラは「脂の旨味がじゅわ~!」

結果、最高に美味しいカレーができあがったというわけです★

私はプチ贅沢にプラスでミンチを入れたりもします♪
その他、隠し味にツナや、チョコレート等も入れたりしますが、
何と言ってもやっぱりカレーは辛口が一番!
例え食べる相手が甘口好きであっても、必ずお鍋はわけて作ります。笑
そこだけは譲れません! 

皆様もぜひ、和牛角切りでビーフカレーを作ってみてくださいね♪







<<前のページ 1 2 3 4 次のページ>>